January 09, 2015

水星隕石(?)NWA7325

新年 おめでとうございます。

 昨年8月6日、母親が倒れまして、入院と退院、介護施設探しと引っ越し。そして、また、入院と退院。多忙な日々を過ごしています。自分は、五十肩(>_<)を煩い、通院中です。肩の痛みも徐々に和らいできました。ブログを再開します。

 昨日の夕方。西の空に宵の明星(金星)が輝いていました。右斜め下に、別の明るい天体を見つけました。恒星では無いような輝き。

「惑星かな。ひょっとして、水星かも。」

早速、ネットで調べたところ、今月11日に、金星と水星が大接近するとの情報を発見。見つけたのは、水星でした。35年ぶりに見る、生の水星でした。撮影しようとしたところ、水星は雲に隠されてしまいました(>_<)。明日から3連休なので、皆様も、探してみてください。

NWA7325

これは、モロッコの砂漠で発見された隕石で、NWA7325と呼ばれています。鉄が少なく、クロムが多いのが特長です。水星起源ではないかと考えられ始めている隕石です。含クロム透輝石の結晶が美しい隕石です。左側の中央部に、結晶が見えています。



22:56:36 | gan-nosuke | | TrackBacks

August 01, 2014

一ノ目潟のカンラン岩

カンラン岩

秋田県男鹿半島一ノ目潟

カンラン岩

拡大写真

 目潟火山の噴火で地表部に運ばれてきたマントル捕獲岩で、緑色のカンラン石を主成分とするカンラン岩です。マントルを構成している岩石と考えられています。黒色部は輝石です。


21:53:09 | gan-nosuke | | TrackBacks

July 26, 2014

ガオ・ギニー (a) 隕石

ガオ・ギニー (a) 隕石

 ガオ・ギニー (a) 隕石は、西アフリカに位置するブルキナファソ共和国に、1960年3月5日午後5時頃に落下が目撃された隕石です。数回の衝撃音の後、数千の隕石が広範囲に落下しました。40年以上に渡って回収が続いており、総量は1トンを超えていると見積もられています。普通コンドライト(H5)に分類されています。

21:21:11 | gan-nosuke | | TrackBacks

July 05, 2014

黄鉄鉱化した巻き貝

黄鉄鉱化した巻き貝

Sparta, Illinois, U.S.A.

 巻き貝の殻が黄鉄鉱に置換されたものです。パイライトサンと同じ産地で採取されました。

21:59:42 | gan-nosuke | | TrackBacks

June 20, 2014

テンハム隕石中に新しい超高圧鉱物ブリッジマン石発見!

 本日は、朝が早かったので、ブログも早めに更新します。新鉱物とテンハム隕石に関するビッグなニュースが飛び込んできました。予定を変更して、新鉱物とテンハム隕石を紹介します。



テンハム隕石(L6コンドライト)

Tenham, Queensland, Australia

 高圧実験の結果より、上部マントルの主要鉱物であるカンラン石{(Mg, Fe)2SiO4}は、下部マントル中では、ケイ酸塩ペロブスカイト{(Mg, Fe)SiO3}とマグネシオウスタイト{(Mg, Fe)O}に分解されることが知られています。ケイ酸塩ペロブスカイトに相当する鉱物が、テンハム隕石の中に発見され、6月2日に、ブリッジマン石という鉱物名が承認されました。鉱物は天然に存在する化学物質であると定義されています。合成した化学物質は、自然界で同じものが発見されるまでは、鉱物としては取り扱われないことになっています。そのため、長らくケイ酸塩ペロブスカイトに対する鉱物名が存在していませんでした。ブリッジマンは高圧を研究したアメリカの物理学者で、1946年にノーベル物理学賞を受賞しています。

 テンハム隕石は1879年にオーストラリアクリーンズランド州のテンハムに落下しました。宇宙空間での衝突によって、強い衝撃を受けていることが知られています。展示品はテンハム隕石を切断したものです。2本の黒い脈(ショックベイン)が見えますが、この脈は衝撃で生じた高圧で形成されました。高圧下で生成するリングウッド石と秋本石もテンハム隕石から発見されています。

16:51:54 | gan-nosuke | | TrackBacks